« 子どもの姿・子どもと大人の関係の姿 | トップページ | テストの受け方 »

若い先生方へ

ある研修会で、若い先生方のワークショ

ップ型研修のコーディネートをしました。

5人グループが6つの構成でしたが、雰

囲気がよく、和やかな空気がありました。

それを活用させてもらい、まずは、僕の

軽いトークで笑っていただいた後、グル

ープにお題をを出してのフリートークにし

ました。「最近、ほっとしたこと」がその

お題でした。その後、45分ほど、グルー

プで実践を語り合いました。各自がポス

トイットに記入した実践を模造紙に貼り

付けながら説明していくスタイルです。

その後、各グループからの発表。特に

指示しませんでしたが、それぞれが、模

造紙を持ちながら規定の3分間を巧みに

使ったプレゼンを展開し、感心したのでし

た。話がうまい先生方が多い! まだほ

とんどが20代の方と思われたので、実に

頼もしいことでした。そして、最後に僕が1

5分話しました。今日のワークショップのコ

メントをして、終わりに、昔、僕自身が経

験したある子どもの話をしたのです。学級

での子どもたちの夏休みの思い出の発表

で、ある子が

「くるくる寿司に行きました」と発表。その時

何ともいえない空気が教室に生じた。その時

どういったのか? という話をしたのでした。

「ぼくは、くるくる寿司行ったことがないなー。

皿が回転したら、おすし取れないよね~」

教室は爆笑。空気を変えた後、その子が

事情で、普段会えない大好きなお父さんと

一緒に行ったことを確認し、

「一番好きな人と食べるお寿司だったんだ。

同じお寿司でも、一番好きな人と一緒に食べ

ると違う味がするんだよ・・。」と話したことを

紹介して研修を終えました。終わってから、一

人の先生が、わざわざ僕のところまでやってき

ました。

「自分も、小さいとき、同じような経験したんです。

でも、自分は、みんなから笑われて、馬鹿にされ

ました。」

ボロボロと涙がこぼれました。

「私は、自分の前にいる子どもたちに、そのような

思いをさせない教師になりたいです。今日、お話を

伺って、とてもそう思いました。それをお伝えしたくて

・・。ありがとうございました。」

と言われて別れました。僕らは、自分の思いを、経

験を教科書にして、仕事をしていくのかな・・。僕にと

っても、若い先生方のやる気と感性から元気をもらっ

た1日でした。

|

« 子どもの姿・子どもと大人の関係の姿 | トップページ | テストの受け方 »

関係支援」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
日付がかわる,いつもそんな時間に読んでいます。
このある研修会がちょっぴりうらやましくなりました。
この頃,日常に追われすぎて,自分を振り返るホッとする時間がないので… すこし,ゆったりとした研修会へ出かけてみたいものです。
夢追い人さんのようなコーディネーターがいらっしゃる研修会へ。

投稿: ひまわり | 2007年6月11日 (月) 23時51分

ひまわりさん、こんばんは。
いえいえ、僕なんて若い先生方に
助けていただいただけですから。
僕の方が彼ら、彼女らに救って
もらったんだと思います。
何かを感じられる「時間」を大切に
したいですね・・。一日にほんの
わずかでも・・・って毎日思ってま
す。

投稿: 夢追い人 | 2007年6月12日 (火) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/403660/6730419

この記事へのトラックバック一覧です: 若い先生方へ:

« 子どもの姿・子どもと大人の関係の姿 | トップページ | テストの受け方 »